静止型リフロー炉 SAR-500A/500N2


静止型リフロー炉 SAR-500A/500N2

特長

  • 本格的なプロファイルが可能
    大型コンベアーリフロー炉と同等の性能、なのに小型卓上サイズです
    • 1プロファイルにつき、加熱設定は10ゾーンまで
    • 最大10プロファイルまで設定可能
    • プロファイル設定および制御はタッチパネル式で簡易
    • 温度推移はタッチパネルに逐次描画されます
  • 側面窓からリフロー状態を観察可能
  • 鉛フリー・高温半田対応
  • 卓上タイプの省スペースを実現
  • PIDオートチューニング機能により理想プロファイルを記入するだけの簡易操作
  • 一般的なIR赤外線式を使用せず、熱風方式を採用

リフローの動作を動画で見る(WMV形式)


機能

加熱方式 独自開発のディスタンスコントロール方式により、ヒーター温度を出来る限り低くし、遠赤外線帯域の波長で加熱します。
ヒーターレスポンスに左右されないディスタンスコントロール方式は、急速昇温と省電力を実現できます。
温度制御 ワーク上のCAセンサー情報を元に常時閉ループで直接制御します。
2枚目以降は間接制御方式により、制御センサ無しでリフロー制御を行うことが出来ます。
プロファイル設定 制御ポイントに対する加熱温度と時間をタッチパネルにて入力するだけで即実行できます。
実行状況はリアルタイムにグラフ表示されます。
炉内観察 正面(90×270)にガラス窓があります。

仕様

モデル SAR-500N2(N2及び大気)
SAR-500A(大気)
加熱 熱風方式
温度制御 PID・直接制御・CAセンサー 常時閉ループ
ワーク昇温能力 常温〜260℃まで約2分 (250角 t=1.6 G-10)
温度分布 250角ワークの内側200角において±約10℃以内(センサーエラー除く)
温度精度 直接制御において設定表示値に対し、±2.5[%] または±5℃大きい方±1dge
プロファイル 設定ポイント10ゾーンのプロファイルの場合、100パターン
ワークホールド 両サイドエッジホールド 20〜250可変 (両辺 3mmホールドスペース)
最大ワークサイズ
ワーク高さ
250×330 t=0.8〜3.6
上:25[mm] 下:10[mm]
供給電源 AC200[V] 3φ 約7[Kw] 50〜60[Hz]
供給エアー 工場エアー:0.4〜0.6[Mpa]
窒素供給(N2タイプ) フローメーター 100[L/分](2コ付) 200[L/分] 供給時8分で100[PPm]以下
サイズ 1010[W] 700[D] (620)[H]
重量 約130[kg]
室内条件 35[℃]以下 湿度65[%]以内

外観図

SAR-500A外観図

関連商品


商品詳細、技術的なご質問、資料請求等、お気軽にご連絡ください
お電話でのお問い合わせ:
03-3763-2231
営業時間:9:00〜17:00
(土日祝祭日・年末年始を除く)
FAXでのお問い合わせ:
03-3768-0568
確認可能時間:9:00〜17:00
(土日祝祭日・年末年始を除く)
メールでのお問い合わせ:
info@okuhara-elec.com

ご回答目安:1〜2営業日